孕み神と憑かれた姪 無料ネタバレ「あぁぁっ、んんっ…んあぁぁっっ!!」

「ん…んんっ…」

キスをしながら叔父さんは
ゆっくりと兄の娘をベッドに倒した

 

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!

 

くちづけを貪り
舌を絡ませながら胸を弄るおじさん

 

兄の娘もそれに応えるように
背中に手を回すのだった

 

クチュクチュ

といやらしい音が部屋中に響く

 

 

「んぐ…んんっ…ハアァ…」

 

唇が離れると見つめ合い二人は服を脱いだ

 

白を基調にした清潔感のある
下着が兄の妹からさらけ出された

 

 

そして二人は熱い口づけを交わして
激しくしゃぶりあった

 

あー気持ち!

いい!!

 

 

兄の娘は喘ぎ出した

 

あ…ん…んん…」

「く…ハァ…」

ピチャピチャ…ジュルジュル…ピチャ…

 

 

いやらしい音が聞こえるが
それが自分のことなのか
相手なのか分からなくなってしまった

 

 

兄の娘はおじさんの性器に唇を近づけると
周囲を舐めあげる

 

 

自分の唾液を絡ませながら
上下に何度もしゃぶり上げ
時々口を含み割れ目を下でツツーっと
走らせるように舐めた

 

 

男の肉棒を咥え込むと
下品な音を立てながら
上下に激しく上下運動させた

 

 

そして今度はおじさんが
兄の娘の秘部を舐めるのであった

 

 

女の一番敏感な部分の皮を剥くと
勃起したアレに舌を当てた

 

 

ざらつく舌が円を
描くように動き
兄の娘はビクビクと震えた

 

 

そして今度は兄の娘の下半身に
自分の肉棒を差し込んだ

 

 

「あんっ…あ、ハァハァ…」

「んっ…ハアハア…っっ…あ…あぁっ、ハアッ…」

 

激しく喘ぐ兄の娘

女は甘い悲鳴をあげた

 

 

 

「あぁあっ!」

グチュ…ジュブジュブ…グチュグチュ…

「ん…ハアハア…あ…んっ…あ、あ、あ…」

 

 

 

いやらしい音が部屋中をこだまする

 

 

何度もビクつく兄の娘

 

 

禁断の関係になった二人はついに
中出しを決行する

 

 

兄の娘に種付けをして孕ませる

 

 

これを知った兄はなんと言うだろうか

 

 

自分の両親は何て言うだろうか

 

世間は許さないだろう

 

 

しかし二人はこの行為を止めることができなかった

 

 

そしてお子さんは兄の娘に中出しをして
孕ませるのであった

 

 

続きはこちら

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!